×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おすすめ目玉商品
ネットで稼ぐお小遣い情報館〜メイクマネープロジェクト〜 ネットで稼ぐお小遣い情報館〜サイトマップ〜 ポイントサイトについて アフィリエイトについて 袖山コラムについて カテゴリ別 相互リンク集
ショップページへ戻る
おすすめ目玉商品
【DEATH NOTE】

DEATH NOTE
デスノート
巻数 全12巻 おすすめ度 ★★★★★
原作 大場つぐみ 作画 小畑健
出版社 集英社 雑誌 週刊少年ジャンプ

※人によってはネタバレになる恐れも有りますので承知した上でお読みください。
かなりアバウトなあらすじ
名前を書かれた人間は必ず死んでしまうという
死神のノート「デスノート」を偶然手に入れた主人公・夜神月(やがみ ライト)は、
世界に平和をもたらす為に「デスノート」によって次々と犯罪者をる抹殺していく。
月を捕まえるために動き出した名探偵・L(エル)や警察、死神まで巻き込んだ
頭脳・心理戦の闘いを描いた物語である。

管理人レビュー
紹介するのも今更な気がするが、実写版映画しか見てないのに知ったかこいてる
エセファンどもは今すぐ買いに行って来い!つーかこっから買ってくれ 笑

原作の方が素晴らしいからよ!

なにが素晴らしいってやっぱあの絵だよね。
もうあれはもはや週刊連載のクオリティじゃないよね。
山形出身の某天才漫画家さんにも見習ってもらいたいよ。ホント。笑
個人的会見だがはっきり言ってピカソだなんだってゆう偉人画家達を遥かに凌駕してると思う。
確かに厳密に言えば「絵」以外のカテゴリは全く別だがね。

あーしかしこの作品はもうガチではまった!
もう毎週毎週続きが気になって気になって思わず失禁しそうになった程だ。
あの当時、勢いをなくしかけたジャンプに再び息を吹き込んだ感じだ。
それだけに連載終了はある意味死刑宣告だった。
わずか全12巻(ファンブックみたいなの入れて13巻)たらずで
ここまで世間にセンセーショナルを巻き起こしたのは前代未聞だろう。
ホントしつこい様だがガチではまった!

ただ終わり方に関してはホント気にくわねぇ!
ただ単に俺がライト派だったからなのかどうなのかは定かではないが、
ホント気にくわねぇ。なんだよあれ。
まっ確かにどっちかが勝たなくては収集つかねぇんだから仕方ないっちゃ仕方ないけどよ!
せっかく今までのジャンプにはない言わば悪?が主役な訳だから
最後も悪が勝てよ!って感じだ!しかし結局勝ったのはいわゆる正義?だ。
なんだかんだ世論に負けた感じ。

このことは当時ネットでもかなり議論され尽くされたから
今更引っ張り出す事ではないが一言、言わせて貰うなら
俺はライトは悪だと思っていない。実際いたら完全にキラ信者だと思う。
まっこの時点で既に俺が集英社に踊らされていたのは確かだ。笑

ところで原作者に関してひとつ気になっていた事がある
本当かどうか定かではないが一説によれば

原作者の『大場つぐみ』=『ガモウひろし』らしい。

ガモウと言えば当然ラッキーマン。余談ではあるが僕も全巻持っている 笑
その余りのスタイルの違いにはじめて聞いた時はずっとネタだと思っていたが
ちょっと調べてみると色々証拠ちっくなものが出てきて
もうなにが本当でなにが嘘なのか分からなくなってきた。ハァハァ

なにやら『幕張』の作者が暴露ったらしいが・・・どーなんだ実際。
言われてみればネーミングセンスとかに共通のものを感じたりしなくもない。
なんかすっげぇ曖昧な文章になってしまったが
とりあえず誰の原作だろうが面白いには違いない。絵も上手いし。
だからとりあえず読んどけばいーやん! ← なんだこの締めはw

〜外部リンク〜

DEATH NOTE(Wikipedia)

〜アマゾン関連商品〜

↓商品を購入する↓
↓新刊全巻まとめ買い↓ ↓中古全巻まとめ買い↓
DEATH NOTE デスノート (1-12巻 全巻) DEATH NOTE デスノート (1-12巻 全巻)
↓取り扱い店はこちら↓ ↓取り扱い店はこちら↓
漫画全巻ドットコム
※商品の価格はリンク先のページで確認出来ます。
■ ネットで稼ぐお小遣い情報 ■
  TOP(ネットで稼ぐお小遣い情報館)>   おすすめ目玉商品>   DEATH NOTE