×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ネットで稼ぐお小遣い情報館
ネットで稼ぐお小遣い情報館〜メイクマネープロジェクト〜 ネットで稼ぐお小遣い情報館〜サイトマップ〜 ポイントサイトで稼ぐ方法 アフィリエイトで稼ぐ方法 袖山コラムについて カテゴリ別 相互リンク集
【袖山コラム Vol,19「サイトの売り」】

〜心構え〜
当サイトが紹介しているような方法で、ネットでお小遣いを稼ごうと思ったら
多くの場合、ホームページやブログ等の宣伝媒体が必要になってきます。

しかしこのジャンルには沢山のライバルサイトがあり、
その中で自分のサイトの人気を獲得するには「サイトの売り
つまりセールスポイントが必要不可欠なのです。

ある程度サイト作りに慣れてきたらそういったことも頭において
サイト運営に励めばより効率的に沢山の報酬を得る事も可能だと思います。

なにが「売り」になるのか?
一口に「サイトの売り」と言っても全然わからない人も多いと思いますが、
実はそんなに難しく考える事はありません。例えば

どんな事でもいいから頻繁に更新してそれをアピールする。
(勿論それを長期間続ける事で信用を得る事が大事です。)
紹介するポイントサイトやアフィリエイトサイト等の件数(情報量)を増やす。
(100件以上でも立派ですが200件以上あればかなり凄いです。)

他にも運営資金があれば賞金還元イベントを行ってもいいし
「サイトの売り」となり得ることは意外と沢山あるのです。

上記で書いたような頻繁に更新する(出来れば毎日が理想)等は
一見サイト運営をする上で当たり前のように見えますが、
実はそれを長期間続けるのは思った以上に困難で、
実際に続けている人はごくひと握りしかいません。
単純な事のようですがそれを続ける事によってアクセスアップにも繋がるし、
十分、自分のサイトのセールスポイント「サイトの売り」となり得るのです。

自分の色を出す
上記で言ったような事が出来ればそれに越した事はないんですが、
毎日更新や紹介サイト200件以上等は中々簡単にできる作業ではありません。
そこで誰にでも簡単にできる「サイトの売り」を作る方法があります。
確かに上記で説明したような方法に比べれば効果は薄いかもしれませんが、
その分とても簡単なので、やらないよりはやった方が確実に
アクセスアップや収益に繋がると思います。

ではそれはなんなのか?とゆうことですが、それは「自分の色を出す」とゆう事です。
例えばポイントサイトを紹介する場合、当サイトも含め、その紹介するポイントサイトの
ポイントレートや換金手数料、何ポイント貯めれば換金できるか等、
ポイントサイトを紹介する上で重要な項目を明記して紹介しているサイトが多いです。

勿論それ自体は悪い事ではないんですが、言ってみればそれは
各ポイントサイト自体が決めている事なのでそのポイントサイトに行けば誰にでもわかる事、
つまりいいかえれば誰にも書ける事なのです。

誰にでも書ける事ではやはり「サイトの売り」にはなりません。
最初に言った「毎日更新」や「紹介サイト200件以上」等は、誰にでも出来るわけではありません。
よってそれを行えれば「サイトの売り」になるのです。

少し話がそれましたが「自分の色を出す」とゆう事は、
サイトデザインを凝ったり難しいシステムを組んだり、
色々あるとは思いますが、もっと簡単に出来る事があります。

それは自分の感想を書くとゆうことです。
(勿論、駄目なサイトをいいサイトとか嘘の感想を書くのは駄目ですよ。)
先ほど言ったようにポイントサイト等を紹介する時、
ポイントレートや換金手数料、何ポイント貯めれば換金できるか等、
ポイントサイトを紹介する上で重要な項目の他に、
そのポイントサイトを使ってみての自分の感想を書くだけで自分の色が出せます。
自分の感想は他の人には書けないので「サイトの売り」となる訳です。

そんなことして意味あるの?と思うかもしれませんが、これは結構需要がある事なんです。
感想はいわば「生の声」ですから興味のある人も意外と多いのです。
事実僕も登録の決め手となったことが何度かあります。
感想の他にもレビューやコラム等、自分の体験談を書くのもいいと思います。
自分の体験は「誰にでも書けるが自分以外には書けない」事なので、
(ちょっとややこしいですが 笑)
ポイントサイト等を紹介する際には、一言自分の感想を添えてみるのもいいと思います。

時と場合によって例外も出てくると思いますが大まかに言えば
「自分にしか書けない事」=「自分の色」=「サイトの売り」
とゆう方程式になるとゆうことです。
■ ネットで稼ぐお小遣い情報 ■
  TOP(ネットで稼ぐお小遣い情報館)>   袖山コラムについて>   袖山コラム Vol,19「サイトの売り」